レーシックイメージ

レーシック手術、行った後に感じたデメリットとは

コンタクトレンズやメガネなどに代わる視力矯正の治療法であるレーシック。
1990年握り視野のPallikaris氏によってはじめて行われ(詳しくはhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.ws/01.html) 欧米では盛んに行われており、近年では日本でも広まりを見せ、手術を受ける人の数は年々増加しています。
レーシックをする最大のメリットは、目の悪い人にとっては必需品である視力矯正器具が要らなくなるということです。
メガネやコンタクトレンズがあることで、プールや温泉、スポーツの際にわずらわしいと思った経験のある人は多いと思います。
この手術を行うことで、裸眼の視力が1.0以上になるという人が多いため、そうした矯正器具が不要になり、日常を快適に過ごすことができるのです。
また、小さなお子様のいるお母さんにとっても大きなメリットがあります。
夜中の頻繁な授乳の際に、いちいちメガネを探さずに済むことや、慢性的な睡眠不足でうたた寝をしてしまったときに、あわてて起きてコンタクトレンズの心配をしなくてもいいこと、また、子供を抱いた時にメガネをつかまれることで起こる危険性を回避できることなどが挙げられます。
コンタクトレンズとレーシックの比較http://www.bttralhos.com/konta.htmlも参考になると思います。
この手術は、手術室に入ってから数十分と短時間(30 分ほど。詳しくhttp://www.aerconditionatieftin.com/syuzyutsu30.html)で済み、日帰りで手術を受けることも可能なので、日々忙しくてなかなか時間がとれないという人にも受けやすい手術です。
また、手術をしたその日から視力が回復するので、効果を早くから実感できるという面でもメリットがあると言えます。
こちらの体験談の記事http://diplomaxkyoto.jp/15.htmlにも書いてあるように、レーシックを受ければ快適な生活が送れるようになります。
これら、ご紹介したように様々なメリットの多いレーシックですが、その反面、デメリットもいくつか存在します。
そこで、レーシック経験者である筆者の感じた、手術を受けたことによるデメリットについてご紹介していきましょう。
ひとつは安全性についてです。
手術前には「適応検査」を受けますが、その際に、「レーシックは比較的歴史が浅く、長期的な安全性に関しては保証しきれていないことや、高い成功率は誇っていますが、100%成功するとも限りません。
」と説明されました。
これを聞いて多少の不安は覚えましたが、一般的な手術よりもはるかに高い成功率であるということで手術を決心しました。
レーシックの手術は無事に成功しましたが、手術後に感じたのが目の乾燥感です。
手術では角膜を変形させて屈折率を変えることでピントを調整するため、角膜を削ります。
それにより表面が乾燥しやすくなり、ドライアイの症状が出るのです。
私も、今までよりもひどい乾燥感を感じました。
冷房の利いた室内や、ショッピングモールなど空調のきいた所では、まともに目を開けていられないほどで、何度も処方された目薬をさしました。
ただ、この症状は目の回復とともに、術後2週間ほどで収まるとされ、実際に私もそのくらいの期間で症状がだいぶ改善しました。
もう一つが、「ハローグレア現象」です。
これは、夜間の視力が落ちたり、光がにじんで見えたりする現象のことです。
手術の副作用として多くの人に現れる症状ですが、実はとても不快な症状です。
特に困ったのが、夜間の運転です。
昼間の視力は回復しているのに、夜間になると急に視界がぼやけ、街灯や対向車の明かりが非常に眩しく感じるため、危険を感じて、回復するではあまり運転をしなくなりました。
この症状は個人差もありますが2、3ヶ月くらいで元に戻るため、その後夜間の運転を再開しましたが、仕事などで頻繁に車に乗る人にとっては少し不便かもしれません。
また、まれに再手術が必要になる場合があります。
詳しくはhttp://www.daremoshiranai.com/reoperate.html

手術自体100%成功するとは言い切れません。
様々な本やサイトhttp://www.cameratadecaracas.com/tad.html
を読んだり、医師にしっかり相談し覚悟の上で手術を受けましょう 参考にしてみてください。

Copyright(C) 2010 安全に目の矯正を.com All Rights Reserved.