レーシックイメージ

レーシックをできない人とはどんな理由があるのか

レーシックはレーザーを利用して目の角膜を薄く削って視力を回復させる手術です。
費用としては詳しくはhttp://www.order-cigarettes-online.com/cost.htmlご覧ください。
芸能人やスポーツ選手の数多くがレーシックを受けていますし、最近では一般の方々もメガネやコンタクトレンズをはずして裸眼でいられるように手術を受ける人が増えてきています。
レーシックはドライアイがひどい人や視力が悪い人、仕事や美容の上でコンタクトやメガネをするのが難しい人など様々な人におすすめの視力回復術です。
やり方は、まず点眼の麻酔薬を目にさします。
麻酔が効いてきたら、レーザーを使用して角膜上皮などでふたを作り、角膜実質層という角膜の90パーセントを占めている部分に直接レーザーを照射します。
そしてふたを元の位置に戻して消毒をしたら終了になります。
手術の翌日に検診を受けて大丈夫だったら、その翌日から通常の仕事へ戻れます。
でも野外の仕事の場合は2、3日後からではないと難しいです。
その仕事や目の状況によるので、詳しくは担当医に聞くのが一番です。
一度受けてしまえばとても便利なレーシックですが、誰でも受けられるわけではありません。
いろんな条件で受けることができない人もいます。
例えばhttp://nudeplus.jp/5.htmlにも書いてあるように、妊婦さん(中定期(3〜6ヶ月)であればOK。詳しくはhttp://www.pythonthreads.com/maternity.html)や授乳中の人、17歳以下の人、眼に疾患がある人、糖尿病や膠原病の人、目の状態や視力によっても受けられない人はいます。
実際に手術を受ける前に受けられるかどうかを調べる検査を受けてみるのが一番良いです。
この検査は予約が必要なことが多いですが、無料で各クリニックで受けることができますのでとにかく調べてもらうほうがいいです。
眼の角膜を削るのですから、そのあたりの説明も受けてみるのがベストです。
私は両目が小学校6年生頃から見えにくくなり、中学ではとうとうめがね使用になりました。
つい最近までは近視と乱視が混ざっていて、めがねがなければすぐ近くのものでさえもぼやけてしまうとう有様でとても困っていました。
パソコンもよく使うので目の疲れもひどかったですし、コンタクトは手入れが面倒ですし、めがねは数年すると壊れてしまいました。
何度も買い換えていたので、いっそう視力回復手術を受けたほうがいいのじゃないかと感じたのがきっかけでした。
レーシックとコンタクトレンズを比較したサイトhttp://www.historicalpreservation.org/kon.htmlも参考になりますよ。
手術を受けられない人の条件についての様々な噂があったのでとても不安で、まずは無料で適性検査を受けてみることにしました。
もし今すぐに受けられなくても治療をきちんと受けてからまた挑戦しようと考えていました。
ですが、幸いにも私の目は両方ともレーシックを受けることに問題はなかったのです。
ほっと一安心して、その日の内でもすぐに手術は大丈夫だと聞いていたのでお願いをして1日で検査と手術の両方をこなしました。
手術の時間は両目合わせても20分かかるかどうかという短時間でした。
その後は休憩室のようなところで15分から20分ほど安静にして休んで、それからさらに担当医からの診察を受けてからすぐに帰ることができました。
ただし手術を受けた直後などは少しまぶしく感じることがあると聞いていたので、私は家族に迎えをお願いしていました。
クリニックのほうで念のためにサングラスを準備しておくように言われていたのでそれをかけて帰りました。
その後は手術翌日、1週間後、1か月後というように定期的に目の検診に行かなければいけません。
眼が落ち着くと本当によく見えるようになるので、視力回復をしたいという人はまず適正検査http://www.littlefishmovie.com/test.htmlを受けてみるのが良いです。

また、メリットばかりに思われますが、残念ながらレーシックはデメリットもあります。
詳しくはhttp://www.hollisterabercrombie.com/tora.html

Copyright(C) 2010 安全に目の矯正を.com All Rights Reserved.