レーシックイメージ

コンタクトが不要になる、レーシックをすることのメリットとは

エキシマレーザーという高精度のレーザー光線を照射することで、視力を矯正する治療法であるレーシック。
このレーシック手術には、さまざまなメリットがあります。
そのうちの一つが、手術は数十分と短時間で済み、日帰りの手術が可能であることです。
仕事や学業など、日常生活が忙しく、なかなか時間がとれないという人も受けやすいのです。
また、http://www.software2have.com/lasikmelit.htmlにも書いてあるように、手術の際の痛みが少なく済むことがあります。
手術の際は点眼麻酔を行いますので、痛みに弱い人も安心です。
また、麻酔薬が点眼麻酔であるため、体に大きな負担がかかりません。
手術後は、終わったその時には視力が回復しているので、手術台から降りて回復室へ向かうときから、その効果を実感することができます。
また、費用の面でもメリットがあります。
レーシック手術の費用の相場は、両目で20万円から40万円というのが一般的です。
この数字は決して安いと言えるものではありませんが、長期的にみると、実はお得なのです。
視界がクリアになることで、心理的にも活動的になるため、今までよりも積極的になったり、自分に自信がつくなど、精神的な面にもプラスに作用します。
女性の場合は、メイクやおしゃれが思い切り楽しめるという点も嬉しいメリットです。
そして、レーシック手術をすることで受けられるメリットとして、多くの人が挙げるのが、コンタクトレンズやメガネなどの視力矯正器具が不要になるということです。
私もレーシックの手術を受けた一人ですが、メガネやコンタクトレンズをしなくてもよい生活になったことで、便利だと思うことが多くありました。
そこで、いくつか実例を挙げてご紹介していきます。
アレルギー体質である私にとって、2月からくる花粉症の時期は、目のトラブルとの闘いでした。
普段外に出るときはコンタクトレンズを使用していましたが、花粉の刺激によって充血した眼に、さらにコンタクトレンズを乗せることで刺激を与えたことで、目は兎のように真っ赤になってしまうことがほとんど。
眼科に行くと「コンタクトレンズを使用していることが原因なので、花粉の飛ぶ期間は外してください」と言われました。
とはいえ、3月や4月は節目の月であり、会社行事だけでなく、子供の入園入学など大切な行事が多く、メガネだけで過ごすことは考えられなかったため、そういった日だけは使用していました。
ところが、装用中は目のかゆみと涙に悩まされて、とても不便な思いをしたのです。
レーシックをした後は、花粉症の症状はあるものの、コンタクトレンズの装用からくる不快感がなくなり、目の様々な不快症状がだいぶ改善しました。
ですから、アレルギー性結膜炎や、ドライアイの症状で悩んでいる人にはお勧めです。
また、プールやキャンプなどのレジャーが思い切り楽しめるということも、嬉しい変化でした。
海では、塩水が目に入らないかと気にしながら遊び、うっかり入ってしまった時には目がごろごろして不快だったし、キャンプでは、野外でコンタクトレンズのケアをすることが面倒なだけでなく、保存液を入れたケースに土や草の切れ端が入ってしまうこともしょっちゅうでした。
また、改めてコンタクトレンズのリスクhttp://www.zarzarland.net/kon.htmlについてもご覧になってはいかがでしょうか。
そういった不便なことが、レーシック手術を受けたことによって、ほとんどなくなったのです。
長時間のドライブや、温泉旅行などでも、快適に過ごすことができるようになりました。
参考にしてみてください。
レーシックはメリットだらけですが、もちろんデメリットもあります。http://www.salmonfestival.net/3.htmlのサイトも参考にしながらご検討してみると良いでしょう。

Copyright(C) 2010 安全に目の矯正を.com All Rights Reserved.