レーシックイメージ

レーシック手術後のお風呂の時間

私の家系は、お父さんの方も、お母さんの方も目が悪くて、私は小学校の低学年くらいから徐々に視力が低下してきて、小学校の高学年になる頃にはメガネが必要になりました。
最初の頃は、メガネは学校の授業中に黒板の文字を見るときにだけかけれ良かったのですが、徐々に視力が低下していき、授業中のみならず、普段の日常生活でも、学校の休み時間にも掛けなければならないようになっていました。
小学校低学年の頃には、どういうわけかメガネに憧れていて、クラスメイトでメガネをかけている子がいると、とても羨ましく思っていました。
そのため、自分が高学年になってメガネをかける必要に駆られてしまった時には、少し嬉しかったことを今でも覚えています。
しかし、嬉しかったのも最初のうちだけで、徐々にわずらわしいと思うことが増えてきました。
特に、クラブ活動の時間はメガネが邪魔でした。
私は、バトミントン部に所属をしていたのですが、メガネをしていると、たまにバトミントンの羽が顔面に飛んできて、メガネに当たってしまうことがあるので、勢いよく飛んできた羽がメガネに当たって割れてしまうと危険なのでやむを得ず、バトミントンをするときにはメガネは外していました。
しかし、メガネを外した状態では、視界がぼやけて目の前が良く見えず、バトミントンの試合をする際にも不利なことが多くて困りました。
このほか、中学生くらいになると思春期に入り、自分の顔や体型などの見た目を気にするようになりました。
私はメガネ姿の自分が、なんだか野暮ったく感じられて嫌になっていました。
メガネをしていると、せっかくワンピースを着たり、髪を巻いたり、アイシャドーをしたり、ビューラーやマスカラ、アイラインなどアイメイクをしてもメガネに隠れてしまい、オシャレも台無しになってしまいます。
それが、思春期の私には嫌だったので、思いきってコンタクトレンズにすることにしました。
コンタクトレンズは装着していても、周囲から見ると裸眼のように見えるので、オシャレも制限されることがなくて、しかもよく見えるので良かったです。
しかし、私はコンタクトレンズをしてから花粉症があったので、春の花粉が飛ぶ季節には、よく目やにがコンタクトレンズにこびりついてしまって、視界が悪くなったり、ドライアイにも悩むようになりました。
頻繁に目薬を差すようにして、コンタクトレンズ装着時のドライを予防するようにしていましたが、やはり目の違和感が続いたので、思いきってレーシック手術を眼科で受けることにしました。
レーシック手術は短時間で出来て、日帰りが可能なので、入院の必要がありません。
また、手術をした当日は、ゴーグルを着用しておかなければならず、目に水が入ってはいけないので、お風呂も入ることが出来ないのですが、その日1日我慢をすれば、翌朝起きて目を開けた途端、明るく鮮明な世界が待っていました。
レーシック手術を受けてから、私は本当によく目が見えるようになって、大満足しています。
そんなレーシックですが、注意点http://tcbyct.com/7.htmlがいくつかあります。しっかり読んでから私は受けました。 また、今までコンタクトレンズをしていた時には、お風呂やプールや海などの水の中は、コンタクトレンズが外れてしまう危険があって苦手でしたが、今ではそんな心配もありません。
また、手術後のメンテナンスは必要です。 詳しくはhttp://xanarama.net/maintenance.html

Copyright(C) 2010 安全に目の矯正を.com All Rights Reserved.