レーシックイメージ

レーシックは医療費控除を受けられるのか

レーシックは高額医療です。
しかし手術をしないと悪化するというものではないので、どちらかと言うと美容的要素の高い高額医療と言えます。
そのため健康保険がききません。
健康保険がきかないので、確定申告の医療費控除を利用する事で負担を軽く出来ます。
確定申告の際、医療費控除の対象となる医療費と認められています。
医療費控除は一つ屋根の下に暮らす家族が、1年間に10万円を超える医療費を支払った時に利用できます。
職業上メガネが着けられない人、強度の乱視・近視の人、その他日常生活に支障のある人がレーシックの手術代に医療費として認定される事が多いようです。
だた必ずしも全ての手術が医療費控除として認定されるわけではないので、不安がある人は税務署に問い合わせて確認することをおすすめします。
対象であれば、申告書を作成していきます。
医療費控除は医療費の負担が大きい方が得をする仕組みになっています。
負担が大きければその分還付される金額が大きいからです。
では実際手術代はどのくらいかかるのでしょうか。
私の場合は約30万円かかりました。
10万円を大幅に超えたので医療費控除を受ける事ができました。
この金額プラス、その他医療費の合計金額で1年間の医療費控除を出します。
申告をする際、申告用紙と一緒に提出しなければならない書類があります。
それはレーシックの手術代にかかった医療費の領収書です。
いつ、どこで、どんな手術をしたかの証明になるので必ず添付する必要があります。
必要事項を記入した申告書、領収書、源泉徴収書。
この3点は申告をする際は早めに用意しておきましょう。
レーシックの病院は年々増加傾向にあります。
今までは街の眼科は目の病気に対して治療をする場でしかなかったのに対し、最近は人々の美に対する意識の変化とともに眼科という概念が変わってきたように思います。
しかしレーシッククリニックは都市部まで行かないとないので、まだまだ普及が遅れているという状況です。
手術時間は約30分程度で終了します。
術後は少し目の周りが腫れますが、翌日からほぼ日常通りの生活が送れます。
しかし激しい運動は避けます。
日本ではレーシックが受けられるようになって10年弱。
アメリカはその倍以上の歴史があります。
リスクを回避するためには入念なカウンセリングが大切です。
私も不安な点は全て聞き、万が一のリスクも納得したうえで手術を受けました。
十分時間を費やしても、あらゆる角度からリスクを考慮する必要があります。
手術後のアフターケアも重要です。
ケアのしっかりしている病院を選ぶ事が大事です。
私自身手術後、快適な生活を過ごし今思う事は、レーシックをやってよかったな。
それまでは長い間メガネとコンタクトの生活でした。
メガネは耳が痛く、フレームも重くて、不快に感じるほどでした。
コンタクトは直接目に装着するので、重くはないですが、毎日のケアがとにかく大変。
またドライアイの私にとってコンタクトは毎日痛みとの戦いでもありました。
あのゴロゴロ感が無くなった今、本当に爽快な気分で毎日が送れています。
視力の悪さは、肩こりや眼精疲労、頭痛をも招くので、視力を回復させる事で目がとっても楽になり、毎日が楽しくなりました。
レーシック手術の専門病院についてこちらの記事も参考になるかと思います。

Copyright(C) 2010 安全に目の矯正を.com All Rights Reserved.