レーシックイメージ

視力矯正レーシックの安全性について

視力を矯正するレーシック手術に関して、その安全性がとり立たされていた事が多くありました。
まだレーシック手術が始まったばかりの頃にはメスで角膜に薄く傷をつけていましたが、その分医療ミスや角膜に小さい傷が残ることもあり、安全性には多少問題がありました。
私自身も初期のレーシックには怖くてお願い出来ませんでした。
最近のレーシックではレーザー治療で行うことができ痛みもそれほどなく安全に施術できるようになりました。
角膜に傷をつけるようなものだと、治療後のお風呂や運動を控えなければいけなく、お酒を飲んだりするだけで目に異常が出てしまう事も多いので危険が多いです。
しかし、レーザーによる治療では直接メスを入れるわけではないのでそれほど危険がなく痛みも無いので安全かつ素早く処置ができます。
私は元々目が悪くおそらく遺伝的に目が弱いので、ずっとめがねを使っていたのですがめがねは耳の上が痛くなったり、目が余計に疲れてしまうので定期的にめがねをはずして目を休めてあげなければいけません。
また、夜やお風呂でもめがねをはずすことになるので目が見えないことが意外に多くあります。
めがねの矯正された視力ではだんだんとその視力になってしまうのでできるだけ視力を良くするような努力も必要になります。
しかもめがねがなくなったら何も見えなくなってしまうのでリスクも高く心配です。
その点レーシックでは一度処置をすればずっと目が良く見えるようになるのでめがねを買い足すことも無く肩こりや頭痛の心配もありませんし、眼鏡で困っていた事がなくなるので便利になります。
視力の矯正ではコンタクトレンズを使うという方法もありますが、自分の目に物を入れるのが怖いですし、万が一自分の目を傷つけてしまうと危険なのでできるだけ眼鏡に頼っていました。
安全にレーシックを行えると知ってからはすぐにそちらを行いましたが、やはり手術の時にも麻酔はかけてもらっていましたが、手術の様子が見えてしまうのでとても怖いです。
しかも目が少し乾いて数分ですが苦しい思いも少ししました。
私が手術に踏み切った理由は私の友人がレーザーでレーシックを行い目が良くなったことがきっかけでした。
私と同じくらい目が悪かったのですが、その施術の後には何の問題もなく目が良く見えるようになっていて安全そうだったので私もやってみることにしました。
多少お金はかかりましたが、これから先何度も眼鏡を購入するくらいならば一度だけの施術で目を良くしてそれを維持する方がよっぽど経済的だと思います。
手術では目を大きく機械で開けてレーザーを照射しておしまいでした。
目の近くに麻酔を打たれましたが、麻酔が切れた後に痛みはありませんでした。
すこし目の表面に違和感を感じる程度で目に小さなゴミが入ったような感覚でしたがすぐになれました。
手術をしてからしばらく安静にして目を開けるとものすごく目が良くみえました。
世界が変わって見えました。
今まで眼鏡をかけてみていたものがすこし大きく見えてしかも細かい部分も見えるようになり、視野全体が良く見えるので世界が明るくなりました。
ぼやけていた世界がよく見えるようになり気持ちもとても明るくなりました。
レーシック手術を行うメリットについても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2010 安全に目の矯正を.com All Rights Reserved.